<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

MINOLTA HI-MATIC 11

またまたフィルムカメラのご紹介です。

どんだけ~って感じですが、先日のオレンジにリメイクしたFUJICA COMPACT Sと同時出品されていた

カメラで、同梱してもらえるならとついでに買った1台です。


a0277476_21181645.jpg


a0277476_21183675.jpg


a0277476_21185810.jpg


MINOLTA HI-MATIC 11

1969年発売のカメラです。

別になんてことないカメラですが、大きなシルバーのレンズとボディのコントラストが良いな~と。。。

はっきり言って、クソでかいしクソ重いです。

当時の水銀電池は入手困難なので、100均のLR44にスペーサーかまして代用。

作動確認したところ、正確かどうかは置いといて一応動きました。

ジャンク品でしたが使える?

でもレンズがカビでやられてました~

外観が綺麗なので、インテリア用に決定です(笑)


それと本日フィルム買ってきて、オレンジのフジカコンパクトSに装填しました。

近所で10枚ほど試し撮りしました。あと14枚・・・

とりあえず撮りきって現像に出し、まずは実用可能かどうかの判断ですね。

あと、オレンジのストラップも装着しました。

これがバッチリで、持ち歩くのがオシャレで嬉しい♪

また今度画像UPしますね! では。

[PR]
by second-style | 2014-02-16 21:33 | 機材

やっぱり気になって・・・

本日、息子の高校推薦入学が決定しました~

いやぁ~良かった良かった!

お祝いにごちそうでも食べに行かないとね



さて本題に戻りまして、何が気になったかというと・・・

先日貼り革したばかりのFUJICA COMPACT Sですが、やはり地味な気がして

こげ茶だと元の黒に近いので、あまりイメチェンに成功してない気がしてモヤモヤしてたワケです。

それで候補に上がっていた素材を試そうかと思いまして。

それがコチラ


a0277476_21324761.jpg



ダイソーの財布です。

オレンジでシボのある革風なビニールです。

質感・色ともに合格なのですが、若干分厚いんです。

あと、両面テープも貼らなきゃいけないし・・・

でもトライするだけしてもイイかなと、だって¥105だし(笑)

財布をバラして、裏のスエード調のフェルト?剥がして、なるべく薄くしてカットカット!

前回のレザー風シートは簡単に剥がせると言ってましたが、時間が経つとネバネバに

まぁでもピンクのカーペット両面よりはマシでした。

ネバネバを除去して新しいオレンジを合わせて、微調整しながら・・・うっ、やはり1枚では足りないか!

もう1つ同じ財布追加購入して、先ほど完成しました

かなりイメージ変わりましたよ~

それでは、ドーゾ









a0277476_21422788.jpg


a0277476_21442025.jpg


a0277476_21444120.jpg


a0277476_21445935.jpg


a0277476_21451963.jpg



どうでしょ?かなりイイ感じではありませんか?

シルバー部とのコントラストがイイ感じ~

オシャレすぎてフィルムカメラだという事忘れそうです。

これ持って街へ出れば、カメラ女子にキャーキャーと囲まれること間違いナシ?(爆)

あとはオレンジのストラップ探して、カラーコーデすれば完璧です。

前回のよりは良くなったかな? 前回の方が落ち着いて渋い?

自分の中の満足度は87%?

結構うまく貼れたけど、よ~く見ると惜しい部分があるし、何だかスカっと100%にはなりませんでした。

若干得体の知れないモヤモヤ感は残りましたが、コレはこれで完成と致します。

また別のカメラで貼り替えするかも知れませんので、お楽しみに~


a0277476_21541817.jpg



アイボリーとの2ショットでサヨナラ~

[PR]
by second-style | 2014-02-13 21:57 | 機材

カメラ革貼り替え

寒いですね~

今日は休みでしたが、特にする事もないので献血してきました

さて、前回途中までだったカメラの外装リペアですが、いよいよ革貼りに挑戦です。

前回記事見てない方は、前記事からどうぞ。


a0277476_18132270.jpg



綺麗に剥がれた元の革。

縮みはあるものの、これだけ綺麗に剥がれれば、新しい革の採寸も簡単ですね!

まずは試しに色紙で(笑)


a0277476_18153498.jpg


a0277476_18155246.jpg


a0277476_18161977.jpg



カラフルPOPな色を使うと、イメージ変わりますね~

どれにしてもオシャレな雰囲気です。

でも厚み・サイズ・カットしやすさ・貼りやすさ・価格などを考慮すると、なかなか良いモノがないんですよね~

で、結局セリアで見つけた裏に粘着シートのついたフェイクレザーを使うことに。

地味な型押しナシの普通の革タイプとクロコ調型押しのタイプがあり、まずはかっこいいクロコで。

在庫が黒とピンクしかなかったので、どうせならとピンクに



a0277476_18222430.jpg


いやぁ~ショッキングピンクが眩しいっ!

色はともかく、クロコ調がイイ感じ♪

PENTAXの着せ替えデジカメでこんなのあったような?

何にせよ、今風のイケてるカメラに変身ですね~

ただ・・・・裏の粘着がカーペットの両面テープみたいなアレ、アレですよ、分かります?

白くてちょい分厚くてネバネバしたヤツ・・・・

もう最悪最低のネバネバ具合で、ズレたから貼り直そうと剥がしたら、カメラ側はネバネバ・・・・

コレはマズイでしょ!見た目はOKでしたが、カットの面と貼り直しの面でNGとなりました。

もう1種類は型押しナシの地味なタイプ。

でもこれくらいが奇抜じゃなくてイイのでしょうかねぇ~




a0277476_18422619.jpg



粘着シートも貼り直しOKなタイプで、厚みも薄いのでカットもしやすい。

若干薄すぎて下地がひびくという欠点はありますが、とりあえずコレで進めちゃいましょう!


a0277476_1845421.jpg


a0277476_18452338.jpg



上面・側面・背面そしてASAダイアル内の丸い部分も!

若干隙間のある部分もありますが、なかなか綺麗に貼れたのではないでしょうか?

一応これで完成ではありますが、簡単に剥がせるので、また気に入った革が見つかれば変更するかも?

アイボリーのコンパクト35かこのコンパクトSどちらかにフィルム入れて実写テストしてみます。

テスト画像は、いつになるか分からない現像の後で

[PR]
by second-style | 2014-02-11 18:54 | 機材

続々と・・・

気がついたらフィルム沼の中・・・・ヴィンテージです

いやぁ~ここまで入れ込むとは自分でもビックリです。

ジャンク品で¥1000くらいからあるので、ルアー買うのと同じ勢いで買っちゃいますよね?

本日届いたのはコチラ



a0277476_21304218.jpg



FUJICA Light COMPACT S


前回紹介した FUJICA Light COMPACT 35 のシリーズ派生モデル。

フジカコンパクト35 をベースに若干のデザイン変更、セルフタイマー、38mmF2.5レンズ・・・

そして最大の相違点は、焦点合わせの方法が二重像合致方式な点。

コンパクト35は目測でピントを合わせるのに対し、コンパクトSはファインダー内の二重像を重ねて合わせます。

これならピンボケも減らせるのではないでしょうか?

まあジャンク品なので、使えるかどうか分かりませんが・・・

千円で買ったコイツは・・・・・シャッター切れます、二重像合います、プログラムオート動いてます。

という事は実動機なのかな?

オクで探す時なるべく綺麗なモノ、ジャンク理由が作動未確認だからというモノを選んでいます。

もちろんテスト済みの実動機もあるのですが、やはり値段もそれなりです。

今回はジャンク品でしたが、ラッキーだったという事ですかね!

外観も綺麗なのを選びましたが、それなりの経年変化はあります。


a0277476_21454168.jpg



各部の革(ビニールレザー?)が縮んで隙間が見えてます。


a0277476_21473428.jpg



裏蓋がデコボコに。この裏蓋は軽量化の為アルミで出来ているので、落としたり踏んだりすると、こうなります。

今回はもともと革の張替えをしてみたいが為に入手したので、外装のレストアに挑戦です。

接着剤がひどくて剥がれないモノもあるようですが、コイツは?

両面テープタイプで、しかも硬化していなく、普通に剥がせます(しかも再度貼り付け可能)

43年前の両面テープとは思えません!


a0277476_21524881.jpg



裏蓋の革を剥がしたところ。

予想通りアルミがボッコボコですね。

ついでに裏からたたき出し板金しておきました。


a0277476_21553690.jpg



正面も。糊の跡も残らず綺麗に剥がれました♪


a0277476_2156466.jpg



調子に乗って前面ボディも外してみましたが、こっから先は素人なのでやめておきます

もっと古カメラ勉強して、いつかオーバーホールや修理が出来るようになればイイなと思います。

さて、次は革貼りですが、何を貼ろうか?

手芸センターで革はぎれ売ってたのですが、微妙に高かったり、イメージに合うものが無かったり。

次にお得意の100均ショップ! ダイソー・セリアと何店舗も回って物色。

フェイクレザーの財布やブックカバーやバックなどあれこれ見ましたが、厚みがダメだったり色がイマイチだったり。

とりあえず良さそうなのを選んで試してみます。

というかもう試して完成したんだけど、長くなったので次回に。

[PR]
by second-style | 2014-02-09 22:07 | 機材

FUJICA COMPACT 35

ヤバイっっっっ~す!

古カメラへの興味が止まりませ~~ん

現在、ウォッチリストに5機種ほどノミネートされております

今回ご紹介するのは、即決落札だった為、他を追い越して手元に飛び込んできたヤツ。

今までの路線とはチョイ違うけど、見た瞬間に恋してしまいました。一目惚れです

無骨な野郎も好きですが、カワイイ娘はもちろん好き?

ではお見せしましょう~

















a0277476_19404374.jpg


FUJICA COMPACT 35


フジカ・・・名前の通り富士フイルムのカメラです。

FUJICA COMPACT 35 は1967年10月発売。

その後1970年までの4年間に色々なバリエーション&改良モデルを発売している。

このモデルは FUJICA Light COMPACT 35 という1970年6月発売のモノのようです。

まずこの見た目! アイボリーの貼り革がオシャレでしょ~

誰かがレストアして張り替えたのではなく、当時ブラック・ブルー・アイボリーの3色で発売されたようです。

古カメラ=銀X黒のカメラが多い中で現代でも通用するようなこのオシャレさは何なんだ!

今時のカメラ女子が持って歩いていても全然違和感ないぞ。

というか、丸みを帯びたこのデザイン・・・現代モノよりよっぽど可愛いぞ!


a0277476_19523117.jpg



後姿はこんな感じ。 もちろん液晶画面なんてない(笑)


a0277476_19534557.jpg



このダイアルはフィルムの感度をセットするもの。ASA100のフィルムなら100に。

ダイアルにまで貼り革してるのがニクイ


a0277476_19553368.jpg



横のスライドを上方に動かせば、裏蓋が開きます。


a0277476_195787.jpg



フィルム枚数のカウンターは底にあります。


a0277476_2062946.jpg



フィルム巻上げレバー根元部分に飾りが入っている。

実はコレが NEW FUJICA CONPACT 35 と FUJICA Light COMPACT 35 の見分け方!

3色展開のモデルはニューフジカコンパクト35とフジカライトコンパクト35だったようですが、見た目は

ほぼ同じ(重さがニューは400g、ライトが360g)

外観上の判別方法は、この飾りの有り無しだそう・・・

他にも フジカコンパクトD フジカコンパクトS ニューコンパクトD ニューコンパクトS ライトコンパクトD・・・

と9種類ほどあったようです。

このへんの年式による細部の違い、ウンチクがオールドABUやHEDDONと通じるものがあるような・・・

だからこそ、ハマっちゃうんでしょうね~


a0277476_20183559.jpg



使い方は、絞りリングを赤いAにセットする。


a0277476_20193932.jpg



セレンというこの部分から光を取り込み、絞りとシャッタースピードが計算され露出が決まる。

(シャッター速度は変化しているのかどうかわからなかった。)

あとはピントなのですが、こいつは目測距離タイプ。

つまり被写体までの距離に目盛をあわせて撮るタイプです。

一応ファインダーの中に、顔・バストアップ・3人全身・山の4つの絵があり、リングを回すと連動してます。

3mにあわせると、全身の絵に指針が合います。

しかし本当にコレでピント合うんでしょうかね?

前記事の現像写真も同じ目測タイプでしたから、風景ならなんとかなるでしょう(笑)

こいつも1回はフィルム入れて実写してみます。

あ~その前にウォッチ入れてるヤツの終了時間が~~~

もう泥沼です。脱出なんて諦めました。

どんどんハマってやろうじゃないか!

って言うほどコアな物や高額な物には手を出さないので、浅い沼で寝そべっている状態でしょうか(爆)

ガラクタが増えるばかりですが、そんなこんなも楽しいのでこれからもボチボチと蒐集していきます

[PR]
by second-style | 2014-02-04 20:35 | 機材