カテゴリ:機材( 33 )

E-M1 シルバー

前回オリンパス感謝祭で買おうとしたE-M1シルバーですが、20%OFF対象外と言われ諦めてました。

それがどうやら間違いで、ちゃんと20%OFF適用だと分かり・・・

分かったところで高額な事に変わりはない

でもオリンパスの有料会員になると色々特典があるんです。

前々から登録しようと思いながら、そんなに買い物しないしなぁ~と・・・

でも会員になると、常に5%OFF!

更に期間指定の7%OFFも!

という事は、定価 ⇒5%OFF⇒20%OFF⇒7%OFFという順番に割引が適用され、約30%OFFに

価格.comでの最安値より遥かに安くなります。

しかも今なら発売キャンペーンで、モンベルの1万円商品券かE-M1用バッテリーグリップがついてくる。

バッテリーグリップHLD-7は、価格.comで見たら¥17756~

私はそんなに枚数撮らないので、予備バッテリー1個あれば十分なので要らない。

だからHLD-7を売却すれば、E-M1が更に安く買えるという計算です。

これは買うしかないでしょ!

って事で、自分への誕生日プレの意味も込めてポチ!

10月中旬にはめでたく届き、実は先日の釣りキャンプでも使ってました。

a0277476_1653249.jpg

OM-D EM-1 シルバー

E-P3、E-M5とシルバーボディにシルバーレンズで揃えてきたので、E-M1もシルバーが出たらと決めてました。

E-M5よりちょっと大きなボディには75mmレンズがジャストフィット!

う~ん、なかなかカッコいいですね~

グリップ部が出ているので、いわゆるクラシック感はE-P3>E-M5>E-M1の順ですが、

性能はE-P3<E-M5<E-M1ですから、見た目は少し我慢しましょうか(笑)

E-M1はE-M5と比べて機能面でかなりの進歩をしてますが、細かい事は割愛・・・(あまり分かってない)

普段よく使うモノで言えば、アートフィルターの種類が増えた(笑)

新フィルターは、ヴィンテージとパートカラー。

ヴィンテージは、その名の通り古めかしい雰囲気のフィルター。

a0277476_1741234.jpg


キャンプの時の写真ですが、古い色褪せた写真のような感じですね。

古物好きの私としては、これからメインとなりうるフィルターではないかなと思ってます。

もうひとつのパートカラー。

これは簡単に言えば、色抽出。

特定の色のみを残して、他はモノクロになるってやつです。

他メーカーのカメラには既にありましたが、オリンパスでは初です。

今まではソフトで加工して色残しをやってましたが、これからは手軽に出来ますね。

a0277476_17205282.jpg


a0277476_17211392.jpg


赤色残し。

背面モニターを見ながら、ダイアルを回すと残る色が変化します。

効果を確認しながら撮れるので、思わぬ発見もあり、楽しいフィルターです。

a0277476_1724146.jpg


a0277476_17272635.jpg


黄色やオレンジも。

でもやっぱり赤が一番印象的ですね。

a0277476_17281981.jpg


はぜの木。赤・緑・黄色の葉が混ざっている中、赤だけを残し、印象的に。

これからの紅葉の季節にも活躍しそうなフィルターですね!

カメラの機能の1/3も使えてない気がしますが、ボチボチ使えるようになりたいです(笑)

今後はE-M1での写真アップしていきますので、また覗いてみてくださいね~

[PR]
by second-style | 2014-11-02 17:27 | 機材

リコーオートハーフSL

いやぁ~クラシックカメラ、いわゆるクラカメやばいっすね~

知らない機種だらけだから、オクをパトロールしてると次々に発見があるワケで・・・

最初から決めた機種を探すのではなく、色々見て琴線に触れるモノを衝動買いしています。

今回の逸品は、リコーオートハーフSLです。

リコーオートハーフにはSとかEとか色々種類があって、その存在は以前から見かけて知ってました。

変わった機種だな~と思ったものの、私の琴線には触れずスルーしてきました。

それが今回たまたま目に止まったSLというモデルが、ガンガン琴線に触れてくるワケですよ。

それでSLを調べてみると、オートハーフシリーズの中では異色の存在らしく、タマ数も少なめ?

事実、ネット上のショップ等では2.5万~4.5万くらいで売られています。

それが発見した時は¥3200だったので、即入札。

そしてまたまた終了間際での攻防戦が繰り広げられたのでした。

何度も残り数十秒で入れてくるやり方にプチっときた私は、もはや金額じゃない!絶対勝ってやる!

高値更新された瞬間に入れ返しを続けてやりました。

でも案外早めに決着はつき、当初の倍くらいで落札できました♪

整備済み実動機の相場に比べれば、破格の金額でGETできてラッキーでした!

前置きが長くなりましたが、本日届いたので早速紹介します。


a0277476_23544259.jpg



四角くて近未来的なデザインがイカしてると思いません?

1970年発売。これまた私の生まれた年に発売された機種です。

44年前に描いた近未来はこんな感じだったのでしょうか?

実際2014年は、こんなデザインではなく逆に当時のレトロなデザインのカメラが流行ってるとは、

何とも皮肉なものですね(笑)

a0277476_004524.jpg


背面は味気なく、真っ黒です。

a0277476_01820.jpg


上部の赤いSLの文字がたまりません!私のツボをつきまくりです~

a0277476_013128.jpg


底部には珍しい大きなダイアルが。

これはフィルム自動送り用のゼンマイを巻くダイアルです。

これを巻いておいて、シャッターを切ると自動で次のコマへフィルムを巻いてくれます。

つまり撮影者はシャッター押すだけ!

・・とまあ、通常モデルのオートハーフはそうなんですが、コイツは異色なので少々違います。

通常モデルはピントが2.5mに固定なのに対し、コチラは一応目測の距離に合わせられます。

露出はオートに合わせておけば、勝手にしてくれるので、距離だけ合わせる形になります。

しかし、この機体はオート露出がダメっぽい。

正常がどんなのか知らないので、壊れているかどうかすら分からないです。

マニュアルで絞りを選ぶとシャッター速度が1/30に固定されるらしい・・・

せっかくのF1.7レンズも1/30じゃ昼間は使えないだろうな~

結局絞って使うしかないんじゃ~F1.7のボケも表せないし、宝の持ち腐れだね。

この頃のカメラ全般にそうですが、明るいレンズはボケの為ではなく、暗い所でも写せるようにが目的かな?

今時のレンズならいつも開放でシャッター速度を上げて対応可能です。

この頃のカメラは最高1/250程度ですから厳しいですね。


a0277476_0241955.jpg


このカットたまりませんね~

a0277476_0244014.jpg


これはセルフタイマーのレバー

a0277476_0253657.jpg


手に持った感じはこれくらいのサイズ。

小さいのですが、他のモデルと違って分厚いので、それほどコンパクトな印象はないですね。

あと、このカメラは何故かフィルム装填しないとシャッターが切れない仕組みです。

なので空打ちして、シャッター速度の変化を試したり、絞りの変化を確認する事すらできない・・

仕方ないので、早速裏蓋にモルトを貼って整備し、フィルム入れてみました。

キューというかチューというか?変なシャッター音がして、その後自動でフィルム巻いてくれます。

オート露出不良とのことですが、オートモードでもシャッターは切れました。

絞り&シャッター速度がどうなのかは分かりません。

感じ的にはシャッター速度は遅い気がしますので、1/30固定なのかも?

ネット上で見つけた実写レポートでは、かなりのボツ写真製造機のようです。

まずは距離あわせのミス?によるピント外れ連発w

開放で撮ろうとしての浅い被写界深度のせいでピント外れや白トビ。

結局暗い場所や遠景を絞って撮れば、失敗は少なくなるようです。

ならF1.7の必要なくない?

無駄に豪華レンズを奢った異色作だったので、短命に終わったのでしょうね。

でもそんな無駄や豪華レンズ、大好きです!

何よりカッコイイ!それで十分です♪


a0277476_0375331.jpg


当時のカタログから

・・というのはウソで、庭で撮ったらカタログっぽく上手く撮れたので(笑)

ハーフカメラなので、また48枚撮りきらなきゃ!

たぶんボツ写真増産でしょうが、気にせず撮ってみます。

只今、実写テスト中カメラ3台。現像出来次第、紹介しますね~

[PR]
by second-style | 2014-04-06 00:44 | 機材

カメラ革ケース

先日ダイソーで会社の備品買う時、いつものクセで細かいのが出ないよう2点購入。

レジで財布の中の10円玉と100円玉を取り出そうとしていたその時、「216円になります。」って・・・

あ~そうだった!消費税8%になったんだ!

いつも1点だと5円玉が出るので、ついつい偶数買いしてたのに、もう関係ないんだ・・・

これからは最低ロット5個だね。5個なら540円w


桜も一気に咲いて、この雨と風で散り始めています。

しかし桜は一瞬ですね。先週はまだ満開じゃなかったのに、今週はもう終わり。

土日休みだと、満開のタイミングでお花見って難しいですね~

この土日も天気はあまり良くないようですが、お花見&撮影行ってきます。


さて、今回はカメラの革ケースの記事。

以前に紹介したコニカⅡというカメラを覚えていますか?

a0277476_2195613.jpg


こんな状態で購入しました。

オマケで露出計と革ケースがついてました。

革ケースはボロボロで、吊り下げヒモは朽ちて今にもちぎれそうな状態でした。

そこでちょいと手直しを。

a0277476_2113838.jpg


100均で買った布製ポーチのストラップ部分がビニールレザー製でちょうど良さそうだったので、

カットしてケースに通して、先を折り返してカシメを打てば完成!

a0277476_21193682.jpg


コニカⅡを入れてみた。さすが純正なので、ジャストフィット!

サイズ的に他のカメラでも入りそうなので、フードを外しボディジャケットとして色々試してみた。

a0277476_21244473.jpg


a0277476_2125383.jpg


a0277476_2125278.jpg


最後のPEN EEDが一番使いやすくてイイ感じに納まります。

実際これを首からぶら提げて街ブラしましたが、オシャレでカッコイイ~   と思ってます(笑)

しかしそれより何よりもっと素晴らしい活用法が!

a0277476_2129727.jpg


内部にちょっとスペーサー的なモノをセットし・・・

a0277476_21294735.jpg


このカメラをセット・・・・?

ぱっと見て分かった人はスゴイ!

実はこれカメラじゃなくスマホケースなんです。

前に紹介してたっけ?前のブログだっけ?

iPhone5用のカメラ型ケースを改造して、本物のレンズを脱着可能にしました。

あっ、もちろんレンズは本物ですがあくまで飾り・・・写るのはスマホのレンズからの映像です。

これオフ会とかで大注目なんすよね~

みんな不思議そうな目で、あのカメラ何だろ?って考えています(笑)

正体を明かすと、みなさんビックリしてくれますね。

で、このカメラ型ケースなんですが、正面から見るとまんまカメラですが、横から見ると薄っぺらい!

いわゆるカメラのボディ部がスマホの厚みしかありませんから、不自然なんです。

そこでこのカメラジャケットに入れると・・・

a0277476_21424268.jpg


はい!横から見ても革ケースのおかげでバレずに済みます。

もはや死角ナシ!? 

携帯ですから、スマホを首から提げて歩くのと同じで普段使いも出来ますが、見た目がカメラなので、

ジャスコとかこれで買い物してると、カメラ提げて何者だアイツ?ってな事になりかねない。

ちょっと恥ずかしくて、まだ試していません^^;

またオフ会等があれば、話のネタに首から提げて行こうと思います♪

ではまた。

[PR]
by second-style | 2014-04-04 21:52 | 機材

25mm F1.4 フード

先ほど死闘の末、競り負けました。。。

前々からいつかは手にしたいと思ってたカメラが格安スタートで、入札者なし!

私が入れてから、残り30分まで誰も入れてこなかったのに、どんどん高値更新してきて・・・

それもやり返す度に違う人が出てきて・・・

ずっと10分延長の繰り返しで、やられたらすぐやり返してたのですが、新規の人が来たので、

ギリギリでやり返してやろうと思い、TV見てたら・・・・終わってました(泣)

10分経ってないよな?5分延長だったのか?

1万スタートで1万7千円まで行ったから、諦めもつくのですが・・・まあ、縁がなかったという事で!

しかしカメラばかりそんなに買ってどうすんだ? 財布に余裕はあるのか?

・・・ないっす^^;

なので、釣具整理しました。

ルアー50個とボート処分しました~

でも釣りをやめるワケではないので、ご安心を!

・・・・って、今年まだ行ってないし、ほぼやめたようなものですが(汗)


おっと、話が逸れましたが先日買った25mmレンズの標準フードが気に入らず、別の買いました。

標準フードはコチラ↓


a0277476_22164594.jpg


a0277476_2217107.jpg



悪くはなさそうに見えますが、何だか先がデカすぎてキライなんです。


a0277476_2219430.jpg



特に前から見た時のこの空間(レンズ外周からフード外周までの空間)が嫌なんです。

まぁ、これは個人の好みの問題でしょうが。

そこでちょいと変わった、こんなヤツ買ってみました。


a0277476_22223413.jpg


a0277476_22225415.jpg



ライカ風のフードです。

あまり大きくなく、スリットが入っていてオシャレでしょ??

価格も魅力で、なんと送料無料の¥1280

一応金属製なので、純正プラスチックよりは強いかな?

ただ価格相応の仕上げで、塗装が悪いです。

フード内側の艶消しブラックが、届いた時から数箇所剥がれているし、爪でコリコリっとしたら剥がれます。

面倒なので、返品はせず、油性マジックでタッチアップしました。

でも純正よりは自分的にカッコ良くなったと思うので、これでヨシとします。

見かけが良くなったので、コイツを標準レンズに出来るよう積極的に頑張ってみます。

(でもパナ20mmの画角&描写を打ち負かす自信ないなぁ~)

[PR]
by second-style | 2014-03-30 22:33 | 機材

M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8

増税前に!

・・・という事で、レンズ買っちゃいました~

OLYMPUSのマイクロフォーサーズ用レンズで、25mmF1.8です。

以前に45mmF1.8を買ったけど、寄れないレンズなので自分のスタイルに全く合わず万年防湿庫入り・・・

描写自体は素晴らしくて評価も高いんだけど、付けて数分で嫌になります^^;

また同じ事にならないか心配でしたが、今度の25mmは寄れるってことで!

買わずに後悔するより買って後悔しろ!です(笑)


a0277476_22353959.jpg



オリンパスレンズにしては珍しく、フードが付属しています。

でもこのでっかいフード好きじゃないな~


a0277476_22375662.jpg


a0277476_22381832.jpg



E-M5に装着。やはり似合いますね~♪

今まで、この画角はパナの20mmF1.7を使ってたんだけど、これからはこれを標準レンズにしようかな。

で、実際に撮ってみた感想は?

パナの20mmよりAFが断然早い!!

迷う事なくビシっとピントが合います。

描写は45mmのソレと同じで、被写体に寄れるといった感じです。

ヨドバシカメラのサイトに作例が掲載されてます。 クリック⇒ヨドバシカメラ

めっちゃ綺麗ですね~~

こんな写真撮れたら、大満足です!

期待に胸を膨らませ撮ってみましたが、あんな風に撮れない><

スキル不足なので、あんなに上手くは撮れないだろうけど、何か違うんです。

45mmの時に感じた違和感・・・あれに似た感覚です。

何だか分からないけど、しっくり来ないんです。

試しにパナの20mmに付け替えると、しっくり来ます。

単に20mmの画角に慣れすぎただけか?

う~ん、どうだろ?  また買って後悔か?^^;

まだ色々なシーンで試していないので、積極的に使って慣れていくしかないですね。

では、また。 

[PR]
by second-style | 2014-03-25 22:27 | 機材

OLYMPUS PEN EED

はいはい~どんどん紹介していかないと追いつかないので、サクっと!

前回のコニカⅡのちょっと前に仕入れていたPEN EEDです。

発売は1967年。

ハーフカメラといって通常の35mmサイズのフィルム1コマに縦に2枚焼き付けて、2倍撮れます。

小さい頃ウチにもどっかのハーフカメラあったな~

24枚フィルムで48枚撮れるお得感から結構重宝してたのを覚えてます。

それでは外観をどうぞ。


a0277476_23361865.jpg



角ばった直線的デザインが男らしくてカッコイイでしょ~

この個体はジャンク品ではなく、完動品として買いました。

それでも¥3000以下で買えます。

電池を入れてテストしたら、どうやら一応すべての機能は働いているようです。

ただ画像でも分かるように、レンズ前玉にキズがありまして・・・

撮影には影響しないかもしれませんが、やっぱり気になります。

そこで・・・・・






a0277476_23424475.jpg


追加で2台仕入れました(爆)

こちらはジャンク扱いで2台セットで¥1700(安)

しかもそのうちの1台はどこがジャンクなのか、全機能作動します。

外観も最初に仕入れたヤツより綺麗だし(汗)

2台の作動を比べていたら、ジャンク品のほうが露出が狂っているようで、暗くてもシャッター切れます。

通常、暗くて光量不足の場合、ファインダー内に赤いベロが出てシャッター切れなくなります。

ジャンクのほうは受光部を指で塞いでも赤ベロ出ない場合が多く、正常ではないって事ですね。

という事で、最初に買ったヤツへ前玉移植、軍艦部移植、裏蓋移植でイイトコ取りしてベストな1台が完成!

現在フィルム入れてバシバシ撮ってますが、48枚は道のりが長いな~~^^;

もうすぐ桜の季節なので、桜などドンドン撮って、早く現像してみたいです。

また現像できたら紹介しますね。

[PR]
by second-style | 2014-03-19 23:53 | 機材

KONICA Ⅱ

購入品に記事が追いついてませんので、サクサクっと紹介していきます。

2月末に入手したのはKonica Ⅱというカメラ。

その秀逸なデザインに惚れて、適度な価格&状態のモノを探しておりました。

またまたジャンク品でしたが、コイツは見て愉しむために欲しかったので問題なし。

しかし届いて触った途端に革がポロポロと剥がれ落ち・・・

a0277476_21192381.jpg


a0277476_21195081.jpg


a0277476_21201734.jpg


とりあえず速攻で掃除&革はがししました。

そしてまたまた100円ショップで適材を探し歩く日々を過ごし・・・・

バッチリなレザー風パスポートケースを発見!

カメラに合わせてカットし、接着。

なかなかの出来栄え♪

それではレストアされたコニカⅡをお披露目です。


a0277476_21255354.jpg


a0277476_21261773.jpg



今回はあえてクラシカルな雰囲気を重視するために、黒のレザー(ビニール)を使用。

このカメラにはベーシックが似合うと思い、この仕様にしました。

それより何より、めっちゃカッコ良くないですか?

コニカⅡは1951年(昭和26年)発売のカメラです。

半世紀以上前のカメラなのに、このデザイン凄くないですか!

シンメトリーな曲線が美しいボディデザイン。

ここを曲線にする意味なんて何もないのに、やっちゃう・・・・素敵です。

それからレンズ周り。何だか無駄に多くのレバーがついてますね。

まるでクロノグラフ腕時計のベゼルのようで、男心がくすぐられちゃいます。

向かって左下のピンの赤が良いアクセントになっていて、更にgood!

この後に出たコニカⅡAやコニカⅡBでは、この部分がなくなっているので、この型を探して買いました。

a0277476_21434257.jpg


a0277476_21441443.jpg


レンズは沈胴式で、正面から見た画像の右上のレバーを時計回りに回すとせり出します。

せり出した状態は、あまりカッコいいものではありませんが、この状態でないと撮影出来ません。

そのレバーがピント合わせになっていて、ファインダー内の二重像を合わせる事でピントが合います。

レンズ上のレバーはシャッターチャージレバー。

これを動かしてチャージしないとシャッター切れません。

左のレバーはチャージ解除レバー。

と言っても、チャージ後このレバーに触れるとシャッター切れちゃいます。

だからフィルム巻き上げずにチャージして解除レバー操作すると、二重写しになります。

もともと多重写し用のレバーなんでしょうかね。

またセルフタイマーがないので、このレバーに糸をくくりつけ、引っ張って撮影という事も出来るそうです。

撮影の流れは、

①シャッタースピード・絞りを決める

②フィルムを巻き上げる

③チャージレバーでチャージする

④ピントを合わせる

⑤シャッターボタンを押し撮影

といった具合でしょうか。今時のカメラに比べて色々と面倒ですね。

でもこの一連の所作に趣があって、いかにも撮影してるって感じがしていいんですよね~

とは言えジャンク品だったので、シャッターの調子が時々おかしいのと、レンズがカビカビ・・・

レンズは分解清掃したら、結構マシになりました。

シャッター速度が微妙ですが、一応変化はしますし、ちゃんと切れます。

フィルム入れてテストしようかどうか悩むところです。

また気が向いたら、テストしてみます。

a0277476_2232470.jpg

[PR]
by second-style | 2014-03-13 22:06 | 機材

MINOLTA HI-MATIC 11

またまたフィルムカメラのご紹介です。

どんだけ~って感じですが、先日のオレンジにリメイクしたFUJICA COMPACT Sと同時出品されていた

カメラで、同梱してもらえるならとついでに買った1台です。


a0277476_21181645.jpg


a0277476_21183675.jpg


a0277476_21185810.jpg


MINOLTA HI-MATIC 11

1969年発売のカメラです。

別になんてことないカメラですが、大きなシルバーのレンズとボディのコントラストが良いな~と。。。

はっきり言って、クソでかいしクソ重いです。

当時の水銀電池は入手困難なので、100均のLR44にスペーサーかまして代用。

作動確認したところ、正確かどうかは置いといて一応動きました。

ジャンク品でしたが使える?

でもレンズがカビでやられてました~

外観が綺麗なので、インテリア用に決定です(笑)


それと本日フィルム買ってきて、オレンジのフジカコンパクトSに装填しました。

近所で10枚ほど試し撮りしました。あと14枚・・・

とりあえず撮りきって現像に出し、まずは実用可能かどうかの判断ですね。

あと、オレンジのストラップも装着しました。

これがバッチリで、持ち歩くのがオシャレで嬉しい♪

また今度画像UPしますね! では。

[PR]
by second-style | 2014-02-16 21:33 | 機材

やっぱり気になって・・・

本日、息子の高校推薦入学が決定しました~

いやぁ~良かった良かった!

お祝いにごちそうでも食べに行かないとね



さて本題に戻りまして、何が気になったかというと・・・

先日貼り革したばかりのFUJICA COMPACT Sですが、やはり地味な気がして

こげ茶だと元の黒に近いので、あまりイメチェンに成功してない気がしてモヤモヤしてたワケです。

それで候補に上がっていた素材を試そうかと思いまして。

それがコチラ


a0277476_21324761.jpg



ダイソーの財布です。

オレンジでシボのある革風なビニールです。

質感・色ともに合格なのですが、若干分厚いんです。

あと、両面テープも貼らなきゃいけないし・・・

でもトライするだけしてもイイかなと、だって¥105だし(笑)

財布をバラして、裏のスエード調のフェルト?剥がして、なるべく薄くしてカットカット!

前回のレザー風シートは簡単に剥がせると言ってましたが、時間が経つとネバネバに

まぁでもピンクのカーペット両面よりはマシでした。

ネバネバを除去して新しいオレンジを合わせて、微調整しながら・・・うっ、やはり1枚では足りないか!

もう1つ同じ財布追加購入して、先ほど完成しました

かなりイメージ変わりましたよ~

それでは、ドーゾ









a0277476_21422788.jpg


a0277476_21442025.jpg


a0277476_21444120.jpg


a0277476_21445935.jpg


a0277476_21451963.jpg



どうでしょ?かなりイイ感じではありませんか?

シルバー部とのコントラストがイイ感じ~

オシャレすぎてフィルムカメラだという事忘れそうです。

これ持って街へ出れば、カメラ女子にキャーキャーと囲まれること間違いナシ?(爆)

あとはオレンジのストラップ探して、カラーコーデすれば完璧です。

前回のよりは良くなったかな? 前回の方が落ち着いて渋い?

自分の中の満足度は87%?

結構うまく貼れたけど、よ~く見ると惜しい部分があるし、何だかスカっと100%にはなりませんでした。

若干得体の知れないモヤモヤ感は残りましたが、コレはこれで完成と致します。

また別のカメラで貼り替えするかも知れませんので、お楽しみに~


a0277476_21541817.jpg



アイボリーとの2ショットでサヨナラ~

[PR]
by second-style | 2014-02-13 21:57 | 機材

カメラ革貼り替え

寒いですね~

今日は休みでしたが、特にする事もないので献血してきました

さて、前回途中までだったカメラの外装リペアですが、いよいよ革貼りに挑戦です。

前回記事見てない方は、前記事からどうぞ。


a0277476_18132270.jpg



綺麗に剥がれた元の革。

縮みはあるものの、これだけ綺麗に剥がれれば、新しい革の採寸も簡単ですね!

まずは試しに色紙で(笑)


a0277476_18153498.jpg


a0277476_18155246.jpg


a0277476_18161977.jpg



カラフルPOPな色を使うと、イメージ変わりますね~

どれにしてもオシャレな雰囲気です。

でも厚み・サイズ・カットしやすさ・貼りやすさ・価格などを考慮すると、なかなか良いモノがないんですよね~

で、結局セリアで見つけた裏に粘着シートのついたフェイクレザーを使うことに。

地味な型押しナシの普通の革タイプとクロコ調型押しのタイプがあり、まずはかっこいいクロコで。

在庫が黒とピンクしかなかったので、どうせならとピンクに



a0277476_18222430.jpg


いやぁ~ショッキングピンクが眩しいっ!

色はともかく、クロコ調がイイ感じ♪

PENTAXの着せ替えデジカメでこんなのあったような?

何にせよ、今風のイケてるカメラに変身ですね~

ただ・・・・裏の粘着がカーペットの両面テープみたいなアレ、アレですよ、分かります?

白くてちょい分厚くてネバネバしたヤツ・・・・

もう最悪最低のネバネバ具合で、ズレたから貼り直そうと剥がしたら、カメラ側はネバネバ・・・・

コレはマズイでしょ!見た目はOKでしたが、カットの面と貼り直しの面でNGとなりました。

もう1種類は型押しナシの地味なタイプ。

でもこれくらいが奇抜じゃなくてイイのでしょうかねぇ~




a0277476_18422619.jpg



粘着シートも貼り直しOKなタイプで、厚みも薄いのでカットもしやすい。

若干薄すぎて下地がひびくという欠点はありますが、とりあえずコレで進めちゃいましょう!


a0277476_1845421.jpg


a0277476_18452338.jpg



上面・側面・背面そしてASAダイアル内の丸い部分も!

若干隙間のある部分もありますが、なかなか綺麗に貼れたのではないでしょうか?

一応これで完成ではありますが、簡単に剥がせるので、また気に入った革が見つかれば変更するかも?

アイボリーのコンパクト35かこのコンパクトSどちらかにフィルム入れて実写テストしてみます。

テスト画像は、いつになるか分からない現像の後で

[PR]
by second-style | 2014-02-11 18:54 | 機材