リコーオートハーフSL

いやぁ~クラシックカメラ、いわゆるクラカメやばいっすね~

知らない機種だらけだから、オクをパトロールしてると次々に発見があるワケで・・・

最初から決めた機種を探すのではなく、色々見て琴線に触れるモノを衝動買いしています。

今回の逸品は、リコーオートハーフSLです。

リコーオートハーフにはSとかEとか色々種類があって、その存在は以前から見かけて知ってました。

変わった機種だな~と思ったものの、私の琴線には触れずスルーしてきました。

それが今回たまたま目に止まったSLというモデルが、ガンガン琴線に触れてくるワケですよ。

それでSLを調べてみると、オートハーフシリーズの中では異色の存在らしく、タマ数も少なめ?

事実、ネット上のショップ等では2.5万~4.5万くらいで売られています。

それが発見した時は¥3200だったので、即入札。

そしてまたまた終了間際での攻防戦が繰り広げられたのでした。

何度も残り数十秒で入れてくるやり方にプチっときた私は、もはや金額じゃない!絶対勝ってやる!

高値更新された瞬間に入れ返しを続けてやりました。

でも案外早めに決着はつき、当初の倍くらいで落札できました♪

整備済み実動機の相場に比べれば、破格の金額でGETできてラッキーでした!

前置きが長くなりましたが、本日届いたので早速紹介します。


a0277476_23544259.jpg



四角くて近未来的なデザインがイカしてると思いません?

1970年発売。これまた私の生まれた年に発売された機種です。

44年前に描いた近未来はこんな感じだったのでしょうか?

実際2014年は、こんなデザインではなく逆に当時のレトロなデザインのカメラが流行ってるとは、

何とも皮肉なものですね(笑)

a0277476_004524.jpg


背面は味気なく、真っ黒です。

a0277476_01820.jpg


上部の赤いSLの文字がたまりません!私のツボをつきまくりです~

a0277476_013128.jpg


底部には珍しい大きなダイアルが。

これはフィルム自動送り用のゼンマイを巻くダイアルです。

これを巻いておいて、シャッターを切ると自動で次のコマへフィルムを巻いてくれます。

つまり撮影者はシャッター押すだけ!

・・とまあ、通常モデルのオートハーフはそうなんですが、コイツは異色なので少々違います。

通常モデルはピントが2.5mに固定なのに対し、コチラは一応目測の距離に合わせられます。

露出はオートに合わせておけば、勝手にしてくれるので、距離だけ合わせる形になります。

しかし、この機体はオート露出がダメっぽい。

正常がどんなのか知らないので、壊れているかどうかすら分からないです。

マニュアルで絞りを選ぶとシャッター速度が1/30に固定されるらしい・・・

せっかくのF1.7レンズも1/30じゃ昼間は使えないだろうな~

結局絞って使うしかないんじゃ~F1.7のボケも表せないし、宝の持ち腐れだね。

この頃のカメラ全般にそうですが、明るいレンズはボケの為ではなく、暗い所でも写せるようにが目的かな?

今時のレンズならいつも開放でシャッター速度を上げて対応可能です。

この頃のカメラは最高1/250程度ですから厳しいですね。


a0277476_0241955.jpg


このカットたまりませんね~

a0277476_0244014.jpg


これはセルフタイマーのレバー

a0277476_0253657.jpg


手に持った感じはこれくらいのサイズ。

小さいのですが、他のモデルと違って分厚いので、それほどコンパクトな印象はないですね。

あと、このカメラは何故かフィルム装填しないとシャッターが切れない仕組みです。

なので空打ちして、シャッター速度の変化を試したり、絞りの変化を確認する事すらできない・・

仕方ないので、早速裏蓋にモルトを貼って整備し、フィルム入れてみました。

キューというかチューというか?変なシャッター音がして、その後自動でフィルム巻いてくれます。

オート露出不良とのことですが、オートモードでもシャッターは切れました。

絞り&シャッター速度がどうなのかは分かりません。

感じ的にはシャッター速度は遅い気がしますので、1/30固定なのかも?

ネット上で見つけた実写レポートでは、かなりのボツ写真製造機のようです。

まずは距離あわせのミス?によるピント外れ連発w

開放で撮ろうとしての浅い被写界深度のせいでピント外れや白トビ。

結局暗い場所や遠景を絞って撮れば、失敗は少なくなるようです。

ならF1.7の必要なくない?

無駄に豪華レンズを奢った異色作だったので、短命に終わったのでしょうね。

でもそんな無駄や豪華レンズ、大好きです!

何よりカッコイイ!それで十分です♪


a0277476_0375331.jpg


当時のカタログから

・・というのはウソで、庭で撮ったらカタログっぽく上手く撮れたので(笑)

ハーフカメラなので、また48枚撮りきらなきゃ!

たぶんボツ写真増産でしょうが、気にせず撮ってみます。

只今、実写テスト中カメラ3台。現像出来次第、紹介しますね~

[PR]
by second-style | 2014-04-06 00:44 | 機材
<< 週末はいつも カメラ革ケース >>